乾燥の季節から髪を守るために

最近朝晩とだいぶ寒くなってきましたね><
過ごしやすくなってはきましたが朝晩と昼間の気温の差が大きいと着ていく服に困ります…

そして寒くなってくるともう1つ気になってくるのが『乾燥』です!!

今回はそんな乾燥の対策のポイントを教えます!!

肌って冬はどうしてもカサカサ乾燥して化粧水や乳液などをしっとり保湿できるものに変えたりすると思います。
髪も同じで乾燥がひどい時期はしっかりと保湿をすることが大切!!

髪は毎日のドライヤーやアイロン、カラーやパーマのダメージによって表面についているキューティクルという髪の膜が壊れてしまっていたり剥がれてしまっていたり、はたまた無くなっていってしまっていたりします。
それが無くなってしまうと髪の中に入ってる水分なども外に出て行ってしまいますし、ダメージがどんどん進んでいってしまいます。
乾燥しやすい人はその水分や栄養が外に出ていかないように膜をつけて守ってあげないといけません。

色々守る方法はあるのですが、一番効果が感じれるのは洗い流さないトリートメント!!
主成分はオイル♪

もちろん髪質や状態に合うシャンプーなどを使えばよりよくなるのですが、まず洗い流さないトリートメントから始めてもらうと実感しやすいと思います。

毎日つけてるけどあんまり効果がない…なんて方もいるかもしれないのですがこのポイントを押えてもらうとよりパサつかずまとまります!

その1
濡れてる髪につける!

髪は濡れてる時はキューティクルが開いている状態です。
中まで栄養を入れてしっとりまとまるためにも乾いてからより濡れてる時にまずつけるのがポイント!
髪の水分をしっかり拭き取って毛先中心に少なめの量からつけてください。
根元からドバっとつけたり一度にたくさんの量をつけるとベタッとなって髪がつぶれてしまったり見た目もベタベタに見えたりしてしまいます。
沢山つければいいというわけではないので少しずつ足りなかったら付け足すというスタンスでいきましょう!

その2
乾かす時は根元から!

髪を乾かす時は必ず根元から乾かしてください。
毛先から乾かすと毛先が先に乾いていざ根元を乾かす時に絶対毛先に風が当たりすぎて乾燥やパサつきの原因になります。
根元を乾かす意識でやってもらえば自然と毛先にも風が当たるので乾かし過ぎません。

その3
乾かしてる途中に毛先がパサパサしてきたら洗い流さないトリートメントをつけ足す!

ダメージの関係や、乾燥しやすかったりなどどうしても根元から乾かしてても途中で毛先が乾燥してきてしまう方はみえます。
そんなときは洗い流さないトリートメントをつけ足すことが大事です。
もちろんここでも量はちょっとずつ。
一度に沢山つけてはいけません。
乾燥したまま乾かすとパサついてしまうので途中で足してあげるだけでよりしっとりまとまりますよ!

この3つをしっかり守ってもらえればパサつかず乾かせます!

洗い流さないトリートメントは髪質に合っているものを使うことが大切です。
それは高ければいいというわけではないので色々種類を使ってもらって試してもらったり担当してもらったスタイリストに髪質に合うものを選んでもらうといいですよ!!

この冬はポイントを押さえて乾燥知らずの髪になりましょー!!!!!