海とプールは髪はどっちが痛む?

こんにちは~ みんみん蝉が鳴いてますね~

今年は、暑くなるのが早いですね。そろそろ、海やプールの季節ですねぇ~。

そこで・・・?

プールで泳いだときと 海で泳いだとき どっちの方が髪の毛 バサバサになるか知ってます?

最近は 水着なんてまともに着ていない大西ですが・・・

感じ方は個人差で少し違うかもしれないですが、基本的には海で泳いだ方が バシバシになるはずです。

これには ちゃんと訳がありまして

潮??? 確かにそれもある。

あと 紫外線の量とかもある。。。

でも、一番の違いはph(ペーハー)なんです。

ph(ペーハー)っちゅうのは ですね・・・

簡単に言うと 酸・アルカリの度合いを数値で表すもので、ph7を中性とし、それ以下を酸性、それより
大きければアルカリ性になるんです。

小学生の頃にリトマス試験紙を使った実験なんか記憶にある方もいると思います。

それがどうしたって??

例えば、お肌は弱酸性が良いとかCMでよく言ってる、ああいう感じの話です

プールの水と海の水の一番の違いは ph なんです。

海水はph8程度のアルカリ性なんです。。

ちなみに パーマ液とかと同じくらいのアルカリなんですよ!

だから パーマ後すぐに海で泳ぐとパーマとれやすかったりするんです。

知ってました??

もちろんカラーも同じことが言えて 紫外線とアルカリで脱色されて 髪の色が明るくなった
りもするんですよ

髪のベストなphは 弱酸性のph5.5程度なんです。

アルカリになると バシバシになるだけでなく

タンパク質(髪の主成分)は溶けやすくなる

キューティクルも痛めつけられる

パーマやカラーがとれやすい

まだまだ ありますが とりあえず 良い事なんて まったくないのです

だから アルカリを抹消しなければ ならない。。。

そんな事が色々気になるohanaでは パーマでもカラーでもアルカリを限りなくゼロになるように落とす施術を心がけています。

ちなみにトリートメントする時でも 残留のアルカリがある方にはきちんと対処してます

アルカリをオフにするぐらいおちゃのこさいさい♪

もし自宅で使いたいって人は ご相談ください。

夏のレジャーは 髪にも危険がいっぱい!! 

でも 思いっきり楽しんでくださ~い。

髪の毛は ohana hair salon のスタッフが 全力でフォローいたします