別れの取扱説明書

今日あたり、サクラが一気に咲き始めたのでは無いでしょうか?という良いお天気でしたね。

春って大好きなんですよね。

でも、なぜか少し寂しくなる季節でもあります。

新しい門出の季節であると同時に、お別れの季節でもあるんですよね。

私自身バックパックをしていたので、この別れというものが結構避けられない出来事だったりします。

海外で受けた一生の恩。

でも、もう二度と会うことが出来ない出会いが沢山あります。

エディンバラで私を孫のように面倒を見てくれたおじいさん。

ブライトンで一緒に旅したスペイン人。

プラハで妖精のような女の子二人を両脇に抱えながら助けてくれた方。

ウィーンで親切にしてくれたウィーン大学の先生。

スターリングでニュルンベルグでブリュッセルで…数え切れないぐらいの出会いと別れ。

写真はイタリアで一緒に旅をしたおじいさん。

今でも彼の笑顔が強烈に心に焼き付いています。

恐らく一生忘れません。

そんな今日もお別れの日がありました。

正直、言葉では形容し難い胸が締め付けられる感じがします。

別れがあるから今の瞬間を大切にしよう、この出会いを楽しもう。

今はこのカフェという仕事場を通して日々、そんな素晴らしい考えを失うこと無く、想起させてくれる優しい皆様に感謝いたします♪

この場をお借りして皆様に感謝をお伝えさせていただきます。