全てはここからエスプレッソ Espresso

イタリアの高速列車での出来事。

私のいる車両で「珈琲は如何ですか?」と車内サービスが始まりました。

しかし、何故か殆どの人が気にも止めません。

私は珈琲を頼もうとしたのですが、サービスの方は足早に出ていって呼び止めることが出来ませんでした。

次にその原因が判りました。

小型のエスプレッソマシンを伴って車内サービスが始まったのです。

途中、抽出のために水を足しながらゆっくりと迫って来るエスプレッソマシン。

私の隣に来た時…「Uno」

すると、私の目の前に座っていた初老の男性が目をつぶりながら何度も私に頷いていました。

エスプレッソはイタリアの心なのです。